• 2017.7.13
  • #Topics
「俺にとって、飯伏戦が一番の“消化試合”。たまに出てきていい思いができるほど新日本は甘くない」内藤哲也『G1』目前インタビュー!(前編)【G127C】


いよいよ開幕目前!『ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27』を前に、内藤哲也選手に現在の心境を直撃インタビュー!(前編)

★後編はコチラから!

■飯伏幸太の参戦っていうのは、ボクの頭の中でハテナマークでしたね

――さて、内藤選手。ついに、『G1 CLIMAX 27』の出場選手が発表されましたが、今回のメンバーについてはいかがですか?

内藤 ……非常に残念ですね。このリーグ戦ならではの“同門対決”として、ボクの中でSANADA、もしくはEVILと闘えると楽しみにしてきた部分があったので。ま、さすがに3人とも同じブロックはないと。2:1になるだろうなと思ってましたけど、俺が一人になるとはね……。

――内藤さん的には、SANADA選手かEVIL選手と闘いたかったと。

内藤 ハイ。ただ今回、一人ぼっちになっちゃったし……「この2人のどちらかと対戦できる」それが『G1』の一番の楽しみでもあったので、このブロック分けに関しては、“非常に残念”でしたね。

――では、『G1』へのモチベーションが落ちましたか?

内藤 いや、モチベーションは落ちないですけどね(ニヤリ)。

――そして、今回は内藤選手とも関係が深い飯伏幸太選手の『G1』参戦が発表されましたが。

内藤 あの時、ボクは後楽園ホールの控室のモニターで発表を見てましたよ。で、一番最後に彼の名前が発表されて会場の歓声が控室にも聞こえてきましたよね。ただ、すぐに俺の頭の中にある疑問が浮かんできました。

――どんな疑問ですか?

内藤 「彼はこの『G1 CLIMAX』にエントリーできるような選手なのか?」と。確かにお客様の期待感だったり、彼の持ってる身体能力、そういうものはもちろんよく知ってますよ。ただ、彼はこの1年間で何をして来たのかと。この『G1 CLIMAX』はほとんど試合をしてなかった選手が出れるような大会なのかと。それを考えた時に飯伏幸太の参戦っていうのは、ボクの頭の中でハテナマークでしたね。

――ファンは大歓声でしたが、内藤選手から見るとそういう風に感じるわけですね。

内藤 ハイ。

――以前、飯伏選手の新日本プロレスとDDTのダブル退団についても話を伺いましたが、改めてその件について聞かせてください。

内藤 そもそもボクは“ダブル所属”ということに疑問を抱いてました。「新日本の大会にほとんど出てないのに所属って、これは一体なんなんだろう?」と。「この特別扱いは一体なんなんだろう?」と思ってたので、新日本を辞めるってなった時も別に寂しさは一切なかったですよ。

――なるほど。

内藤 逆に「さっさとそうするべきだったでしょ?」と。「だってアナタは新日本の大会にほとんど出てないんだから」という思いがあったので。

――そうは言っても、いままでの関係性もありますし、飯伏選手の活動は気にはしていましたか?

内藤 そうですね。たしかにボクは彼のことをいままでずっと気になってましたね。彼の存在が気になってしょうがなかったんですけど、彼が辞めた以降はまったく気にならなかったし、まったくボクの視界に入ってくることはなかったです(キッパリ)。

――飯伏選手はここ数年間で「内藤選手に上へいかれた」とおっしゃってましたが。

内藤 フフフ。それが彼の本音かどうか彼の性格的にもよくわかりませんけど、事実もう彼の手の届かないところに俺はいますよ? このままいったら、“年間数試合”しかやらない彼が俺のもとへ辿り着けることは二度とないでしょう。

――ただ、飯伏選手は「自分は自分なりに新日本でないところで、内藤選手たちができない経験をしてきた」とおっしゃってましたが。

内藤 へぇ。そうですか。じゃあ、彼はWWEで何試合やったんですか?

――それほど多くの試合はやってないと思いますが……。

内藤 まぁ、全部合わせたとしても10試合とかそんなもんでしょ? その10試合がこの新日本プロレスの140試合とかよりも上回ってるとは俺には思えない。たしかに俺が経験したくてもできないようなことをしてるかもしれないけど「それ以上のことを俺はしてるよ?」と。なので、悪いけど同じ目線で見てほしくないですね。

――では、いまの新日本プロレスに飯伏選手が入ってくることに関しては?

内藤 それは彼の覚悟次第じゃないですか? 結局、いままで通り「たまに新日本に出れればいいや」ぐらいの気持ちだったら、ハッキリ言って必要ないですね。

――なかなか手厳しいですね。

内藤 新日本プロレスにとって足を引っ張る存在でしかないから。その程度の覚悟だったら、そもそも『G1』も辞退するべきですね。そんなたまに出てきていい思いができるほど新日本プロレスのリングは甘くないですからね。

――そういう面で言うと、昔は飯伏選手とケニー・オメガ選手がセットでくくられるイメージでしたが、いまの飯伏選手とケニー選手は違いますか?

内藤 そもそもいまの飯伏幸太をボクは知らないですから。昔は“飯伏&ケニー”っていうイメージがありましたけど、この前のロサンゼルス大会もそうですし、最近の新日本プロレスでの活躍を見て、いまはセットで比べられないぐらい「ケニー・オメガは完全に自分を確立してしまったんじゃないかな」と感じますね。

――では、内藤選手の中で飯伏幸太とケニー・オメガがすっかり切り離されてるわけですね。

内藤 そうですね。「ケニー・オメガと飯伏幸太の闘いを見たい」っていう声も聞きますけど、いまやったら皆様が期待しているものは見せられないですよ。それぐらいケニー・オメガっていうのは確立してるので。

――先ほど試合数の話もありましたが、レスラーにとって「試合数をこなす」というのはそれほど大きいですか?

内藤 大きいと思いますし、逆に数をこなしてマイナスになるんだったら、いま新日本プロレスはこんなに試合をしてないと思いますからね(苦笑)。ホント、年間10試合でトップに立てるんだったら、俺も年間10試合だけの契約にしますよ。月一で最高のモノを見せられるんだったら俺もそうしますよ?

――いま厳しい言葉もあった飯伏選手とは開幕戦となる7月17日(月・祝)札幌大会の『G1』公式戦で対戦しますが。

内藤 やはり、年間10試合程度しかやってない人間と、年間100試合以上やってる人間の違いを見せるには、開幕戦は一番いい舞台ですね。お互いダメージがないですから。お互い言い訳できない状態で対戦できると。

――ただ、過去の飯伏選手は狂気じみた部分があったり、何をしてくるか予測不能な部分もありましたが、過去のこういう部分が出たら怖いなっっていう部分は?

内藤 一切ないです(即答して)。

――それはこの2年で培ってきたモノが違うと。

内藤 まったく違うと思いますし、「俺の言葉が間違ってなかった」とキッチリ示せると思います。申し訳ないですけど、今回の『G1 CLIMAX』Aブロックの公式戦9試合の中で俺にとって、飯伏戦が一番の“消化試合”ですね(ニヤリ)。

■YOSHI-HASHIは俺と同い年。もっと焦らなきゃいけない

――続いて、7月21日(金)後楽園大会の公式戦では、同い年のYOSHI-HASHI選手と対戦しますが。

内藤 まぁ、浜口ジム時代から彼のことは知ってますからね。彼はゆっくりゆっくりではありますが上にあがってきてるので、今年の『G1 CLIMAX』にサプライズでもなく普通に出れるようになったことは素晴らしいと思いますよ。ただ、いかんせんスピードが遅すぎますね。彼は俺と同い年ですから。

――スピードが遅いというのは?

内藤 これは去年も言ったかもしれないですけど、彼は確かにゆっくりゆっくり上がってきてますけど、もう35歳ですからね。YOSHI-HASHIはもっと焦らなきゃいけないと。ま、YOSHI-HASHIを応援するお客様は彼に対して厳しく見るべきですよ。

――ファンから温かい目で見られてるっていう意味で新日本でナンバーワンかもしれないですね。

内藤 そうですね。だから、YOSHI-HASHI本人、YOSHI-HASHIファンの方が「これでいい」と思うのであればここまでなんじゃないですか。YOSHI-HASHI本人も、YOSHI-HASHIを応援するお客様も危機感を持つべきだと思いますよ。同い年だからより感じますしね。しかも、俺は彼のデビュー戦の相手ですし。

■「ケニー・オメガのうしろでいいや」と思ってるような選手なのであれば、なにも警戒するものはない

――続いて、7月23日(日)町田大会の公式戦で、バッドラック・ファレ選手と対戦しますが、いつ振りの対戦になりますか?

内藤 2年前の『G1』の開幕戦以来かな。ロス・インゴベルナブレスに入って初めての試合でしたね。その試合は勝ちました、丸め込みで。

――ファレ選手は今年の『NEW JAPAN CUP』準優勝やIWGP挑戦と結果を残してきた選手だと思いますが。

内藤 ええ。彼は身体がデカいのにスピードもあって素晴らしい選手だと思いますよ。ただ、YOSHI-HASHIもそうですが彼はユニットの一番の選手ではないわけですよね。結局、ケニー・オメガのうしろに隠れてる選手ですから。彼がいまどういう気持ちでそこにいるのか知らないけど「ケニー・オメガのうしろでいいや」と思ってるような選手なのであれば、この町田大会でなにも警戒するものはないですね。

――身体の大きい選手と対戦することについてはいかがですか?

内藤 フフフ。ボクはこのロス・インゴベルナブレスに出会う前まで、パワータイプの大きい選手が非常に苦手でした。ただ、いま現在ボクがもっとも得意とするタイプはパワータイプの選手であり大柄の選手なんですね。

――ロス・インゴベルナブレスに出会って苦手を克服したと。

内藤 それは、まさに“デスティーノ”っていう技に出会ってからですね。いつの間にか大柄の選手、パワー型の選手が得意になってきちゃいました(ニヤリ)。

■永田は最後の思い出作りにこの『G1』に出てるの?

――続いて、7月26日(水)仙台大会の公式戦で、“今年が最後の『G1』”と表明した永田裕志選手と対戦しますが。

内藤 去年、後楽園で永田選手に負けてますからね。でも、そもそもの疑問として「彼は最後の思い出作りにこの『G1』に出てるの?」と。その程度で出るんだったら「そもそも出なきゃいいじゃん?」と思うし。

――そもそも出場自体に疑問が残ると。

内藤 まあ、彼は“最後の『G1 CLIMAX』”と宣言してるわけでしょ。「内藤哲也とシングルマッチができるなんて、おそらくこれが最後だろ」と。「俺と1対1で向き合える瞬間をしっかり胸に刻め」と言っておきますよ。

■「ロスでの彼の勝利が偶然だった」ということを名古屋で証明しますよ

――続いて、7月29日(土)愛知大会の公式戦では、内藤選手が『初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメント1回戦』で敗れた石井智宏選手と対戦しますが。

内藤 この発表を見た時点では、名古屋の石井戦にはなにも感じるものはなかったんですけど、ロサンゼルス大会でボクは彼に負けましたからね(IWGP USヘビー級王座1回戦で敗退)。ロスの借りをキッチリと名古屋で返しますよ。「ロスでの彼の勝利が偶然だった」ということを名古屋で証明しますよ。

★後編はコチラから!

■「ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27」大会スケジュール
8月4日(金)愛媛・アイテムえひめ
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。
※「アリーナA」は残り僅かとなりました。

8月5日(土)大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※全席完売となりました。「小中高生券」を含め当日券の発売はございません。
 
8月6日(日)静岡・アクトシティ浜松
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「ロイヤルシート」「指定席S」「指定席A」「指定席B」は完売となりました。

8月8日(火) 神奈川・横浜文化体育館
★カード情報はコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「SS席」は完売となりました。
※「アリーナA席」「アリーナB席」「2階指定A席」「2階指定B席」は残り僅かとなりました。

8月11日(金・祝)東京・両国国技館
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「砂かぶり」はファンクラブ先行予約で完売のため、一般発売でのお取り扱いはございません。
※「アリーナA」「アリーナB」「アリーナC」は残り僅かとなりました。
※前売券の販売は、プレイガイド各店ごとに購入枚数制限を行うこともございます。

8月12日(土)東京・両国国技館
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「砂かぶり」はファンクラブ先行予約で完売のため、一般発売でのお取り扱いはございません。
※「アリーナA」「アリーナB」「アリーナC」は残り僅かとなりました。
※前売券の販売は、プレイガイド各店ごとに購入枚数制限を行うこともございます。

8月13日(日)東京・両国国技館 <優勝決定戦>
★カード情報はコチラ!
★チケット概要はコチラ!
※「砂かぶり」「2F特別席」はファンクラブ先行予約で完売のため、一般発売でのお取り扱いはございません。
※「2F指定席」は完売となりました。
※一部のプレイガイドでは、発売日にお取り扱いのない席種もございます。
※前売券の販売は、プレイガイド各店ごとに購入枚数制限を行うこともございます。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ